施設コード、グループコード、ハッシュタグの違いについて

てのりのに登録いただくと、施設コードが発行されます。施設には任意でグループを作成でき、グループごとのアクセスコードを発行することができます。学年や在園児クラス、未就園児クラス、学生採用などでグループ分けして、動画をグループ単位で限定公開できます。

グループはいくつでも作ることができます。

施設とグループは個別の環境になりますので、施設コードを知っていてもグループコードを知らなければ、グループの動画は視聴できません。以下の例では、Aさんは施設コードだけを知っているので施設の動画は視聴できますが、グループの動画は視聴できません。また、グループコードだけを知っているBさんは、施設の動画は視聴できません。

ハッシュタグは施設やグループの中で、動画をカテゴリ分けをする機能になります。ハッシュタグごとにアクセス制御はできませんので、施設またはグループにアクセスできる人であればハッシュタグが付けられた動画は視聴できます。

グループの作成について

保護者は複数のコードを登録することができますので、最初に登録した施設コードは園全体として園長からのメッセージや保護者会説明に活用し、グループは学年ごとに分けて子どもの顔が映った保育動画を配信するという運用もできます。

[プロフィール設定] から施設名を選択し、施設プロフィール設定を開きます。画面下部の [グループの新規登録] を選択します。

グループの新規登録で、グループ名を入力し登録します。

なお、複数の管理者で動画を投稿する場合は、グループごとに管理者を招待する必要があります。

回答が見つかりましたか?